50代のスモールビジネス起業

50代のためのスモールビジネス起業講座

50代のためのスモールビジネスの起業ネタ

「何をやればいいかわからない」というのは、多くのサラリーマンが起業するときにぶち当たる壁です。
私の周りで事業をやってる連中は「そんなのおかしい」と言いますが、そういう人は多いのが現実ですし、私自身もサラリーマン時代にそう考えたのを覚えています。

起業ネタというのは見える人には見えて、見えない人には見えないもののようです。

「雇われる」という視点で世の中を見ていると、起業ネタというのは見えないもののようです。
一度、起業してしまうと、それががらっと変化するのですが、サラリーマンをやりながらそれを変えるのは難しいのかなあと思ってしまいます。

雇われる人生がダメだなんてことはありません。私は今でも雇われ願望があります。
でも、起業にもいいところはあります。
他人に起業を薦めるわけではないけど、起業したいという人に止めておけとは言いません。
これが私の基本姿勢です。

本来、やりたいことをやる(=やりたいことをできる)のが起業のいいところなのだろうと思います。
しかし、それを見つけ出せないまま、「起業」がもたらす(であろう)ライフスタイルのために起業したいと思う人もいます。
若い人なら薦めませんが、40代後半から50代であれば、どんな理由であれ起業したいと思うなら起業したらいいと考えています。

さて、そうなると、何をしたらいいかってことになるのですが…

 

私がお薦めするする起業ネタの一つは輸入販売です。

一口に輸入販売と言っても、様々な分野がありますし、様々なビジネスのスタイルがあります。

アクセサリーやハウスウェアの輸入は多くの場合、難しくはありません。
スマートフォンやパソコンの周辺機器などの輸入も、そう苦労はないはずです。

ただ、旧型のMacの部品のようなニッチな商品のようなものになると、仕入れの力や知識・情報力の勝負になります。

もし、あなたがカメラやオーディオなどに詳しい趣味の人であれば、これまで購入者として見てきた世界を販売者として見てみることで起業ネタとすることができるはずです。

オーディオからの横展開というわけではありませんが、音楽のジャンルでもビジネスを生むことはできます。
ヘビメタのバンドのTシャツや海外のコンサートのチケットの手配とか。

「すでにそういうビジネスはある」という考え方をする人がいますが、ビジネスというのは一人(一社)が独占するものではありません。
これは逆もまた真なりで、あなたが始めたビジネスでも、追随する人は現れます。
だから、他人がやっていても構いませんし、あなたが一人で独占できるビジネスもありません。

また、輸入販売の場合、分野(商品)だけでなく、ビジネスのスタイルも選ぶことができます。

大きなビジネスをしようと思えば、国内の販売をよく考えておかなくてはなりませんが、スモールビジネスでよければ、受注発注でやることも可能です。
大きなロットで販売しようとすれば、卸の方とのおつきあいが必要になるでしょう。
スモールビジネスで、例えば受注発注でやるなら、そのための集客チャネルが必要になります。そのためにもともよいと思われるのは、WEBサイト(ホームページ)です。
スタイルによって最優先で必要となるものも異なります。

 

もちろん、輸入だけに限りません。

私の知人はネットで趣味で作っていたあるものを売っています。(ニッチな商売なので、ご本人のためにアイテムは伏せておきます)
最初は作ってプレゼントしていたそうですが、「これは売れる」とおだてられて、でも売る方法なんてなかったので、知り合いのお店の隅っこにおいてもらったりしていたのが、ネットで物が売れる時代になって、やってみたらじわじわ売れ始め、なんと今では何ヶ月先のオーダーまで入ってるそうです。
なんと、それでサラリーマンを辞めて起業したそうです(笑)

そういえば、昔、ルアーを作ってた人がいました。
仲間内で評判で作ってもらったこともあるけど、そのうち販売してました。
あの時代に、どうやって売ってたのかなあ…
雑誌広告とかかな。
今でも、趣味の雑誌も集客の媒体になり得ますね、きっと。

趣味人は強いです。

でも、多くのサラリーマンは趣味なんてないですよね。

そういう人は、ヤフオクを使ってみてはどうでしょうか。

「ヤフオクなんて見ない」かもしれませんが、まあ、そう言わずに市場調査をしたらいいです、ヤフーオークションで。

記事:「ヤフーオークション」 何で起業したらいいかわからない、何を売ったらいいかわからないと言うなら、ヤフオクを見てみるといいです。

関連記事

  1. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    スモールビジネスの起業ネタ探し

    起業したいけど何をやればいいのかわからないという話は冗談みたいですが…

  2. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし

    一休さんの言葉として伝えられる「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもあ…

  3. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    コンサルタントになりたい

    面白いですねー、コンサルタントになりたい人というのが、世の中にたくさん…

  4. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代で始めた中国からの輸入

    輸入のビジネスには、多かれ少なかれリスクはあるものです。私は、未だ…

  5. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    とにかく売ることを考える

    大事なことは「売る」ことです。120%間違ってないです。起業する…

  6. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代にとっての起業

    このブログでは、全体としては、「起業して大丈夫?」と言ってます。しか…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代にとっての起業
  2. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    異業種交流会など
  3. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    他人の意見に耳を貸さない
  4. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    「成功」って…
  5. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代のサラリーマンが起業する難しさ
PAGE TOP