50代のスモールビジネス起業

50代のためのスモールビジネス起業講座

門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし

一休さんの言葉として伝えられる
「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」

初めて聞いたときにはうまいこと言うものだなあと納得しました。
母が、昔はお正月に一つ歳をとったから、なおさらそういう感慨があったんだというような話をしてくれました。

50代になると、ここから如何に生き延びるかということに考えの中心が写ってしまうようで、残りの人生に何をなすべきかということを考えないようです。

「今さら…」

という言葉の中に、いろんなものを押し込めてしまっていませんか?

 

年末に友人との幾つかの忘年会や飲み会に出ましたが、「これから」の話よりも「これまで」の話に終始してしまうことが多く、帰り道に少し寂しく思うことがありました。
仕事仲間との忘年会は、馬鹿話をしていても、視線は将来を見つめています。何もかもということはありませんが、ビジネス周りの話は多いです。

こういうビジネスがあるけど、誰かやってみないか?
ここをこう変えたら資金が回り始めた。
こういったことがなぜ事業化されていないのか?
まだまだ自分のとこではこういうサービスが十分でない。
こういうことをするための情報を知ってる人が誰かいないか?

 

私は、起業して8年めに入りました。
望まない起業でしたが、何とかここまでやってきました。

初めは、ビジネスは食べることだけが目的でした。
売上が増えていき、利益が増えていくことだけが励みでした。
というか、「食べていく」だけが目標ですから、それ以外のことは考えたことがありません。

何のために存在するかと言えば、私と家族を食べさせることだけが目的の会社です。
いつまで私たち家族を食べさせてくれ続けることができるのかだけが会社の重大事ことです。
ですから、企業理念というようなものは必要ありませんでした。

 

しかし、私は起業後3年めで残りの人生をかけてやりたいことを見つけることができました。
今、私は自分のミッションを定め、そのために事業を行っています。
むろん、会社はそれを実現するために存在します。
社員にも、折を見て、会社は何のために存在し、私は彼らに何を約束するのか、そして、彼らは何をなすべきなのかを話します。
年末にも、社員の求めに応じ、3度のミーティングを行いました。

 

ざっくり言ってしまえば、私のミッションは次の世代を育てることです。
そのために、私が彼らに約束していることがあります。

理念は大事ですが、理念だけでは食べていくことはできません。
次世代を育てるというのは次世代で終わってしまってはつまらないです。
私の次の世代にいる彼らが、その次の世代を育て、その次の世代が…というような世代を超えた連鎖を生む仕組みを作っておきたいと考えています。

私はこれを50歳で始めました。
何もかもを一気に作ることは困難ですが、時間をかけて積み重ねることでは意外に大きなことが解決できます。

来年の今頃を、私はすでに思い描いています。
今の私の青写真と現実の間にどれぐらいの差が生じるのかわかりませんが、それはまた時間の中で解決していけばいいことです。

 

「門松は冥土の旅の一里塚」ではありますが、時間の経過は私たちが何事かをなすために必要なものです。

私は、ほんとうにマイクロなビジネスから始めました。
始めた頃は、もう自分はビジネスマンとしては満足していいだけのことをしたと思いたいと考えていましたし、上場企業の役員をやり、そう言ってもいいだけのことをやったはずだと言い聞かせていました。

しかし、そういうことを「言い聞かせ」なくとも、私の人生は満足すべきものになったと思っています。

誰にとっても、「今さら」ってことはないのではないでしょうか?

お正月です。

関連記事

  1. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    社会起業家に俺はなる!

    友人が起業することになりました。これまで長いこと雇われ社長をや…

  2. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    スモールビジネスという選択

    「起業」にどういうイメージを持つかは人それぞれですが、IPO(株式公開…

  3. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    生涯現役起業支援助成金(厚生労働省)

    起業に際して使える助成金というものがあります。今回は厚労省の生涯現…

  4. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    スモールビジネスの起業ネタ探し

    起業したいけど何をやればいいのかわからないという話は冗談みたいですが…

  5. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    好きなことと言われても…

    50代のサラリーマンで、これから起業しようと考えているような人は、基本…

  6. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    「今さら」はない

    50代を迎え、退職や役職離脱を目の前に控えた友人と話をしていると、「退…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    @SOHO再び
  2. 起業準備

    失敗しない起業準備

    事業計画書の肝
  3. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    辞める前に考えておく
  4. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    好きな時間に起きて好きな時間に
  5. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代にとっての不動産投資
PAGE TOP