起業のアイデア

起業のアイデア

起業ネタ探し

「起業したいけど何をやったらいいのかわからない」

これって、
「うどんを食べたいけどどれを食べたらいいのかわからない」
みたいなものでしょうか…

違うか…(笑)

まあ、どのうどんを食べてもいいように、どんな仕事をしてもいいんです。

 

でも、

「うどんは目にしたことがあるけど、何うどんがあるか知らない」
↓↓
「起業という概念はわかるけど、何をしたらいいのかわからない」
ってことかな…

だとすると、肉うどん、カレーうどん、コロッケうどん、とかってメニューを教えてあげるべきなのか。

 

違うか…(笑)

 

それで、起業しないで、まず起業の仕方を勉強するわけだ。
事業計画の書き方とか税務とか。

うどんだと、「お勧めのうどん持ってきて」ってならずに、

うどんの歴史から勉強をするんだ。
それから、麺から始まって、出汁とか具材とかの作り方とか。

勉強しても味はわからないんだけど。

 

違うか…(笑)

もういいか。

 

起業ネタを
「自分の得意なこと・好きなこと」
の中で探しましょう。
ってのがあるみたいです。

だけど、それが難しいんですよね。

 

「私はこれが”得意”なんですよ」
「私はこれが好きです」
「私はこれに詳しいです」

なんて言えるのは、世間の見えてないちょっとどうかって人物の台詞ですからね。

 

サラリーマンやってるような人は、ちゃんとしてるからね、何やっても自分より上の人が見えてしまう。

上の人が見えてしまえば、「自分が」って言えないですよね…

良識のあるちゃんとした社会人は軽々に言わないんですよ、そんなこと。

 

だけど…

だからダメなんです。
もっともっと厚顔無恥で行かないと。

 

もっと下を見ないと。

 

「あいつらよりも自分の方ができる」って思わないと。

「あの程度なら自分のことが詳しい」って思わないと。

「あんなんで好きだなんて、よく言うゎ」って思わないと。

 

ここから、今日初めて真面目に書きますが、

 

人は

自分ができることに価値を認めにくいんです。

自分が知ってることに価値を感じにくいんです。

 

自分ができる程度のことは誰でも知ってるって思ってしまう。

自分が知ってることは誰でも知ってることだって思ってしまう。

 

他人ができること、知ってることには感心できるんですけどね。

 

なので、普通の神経だと、「自分が得意なこと」なんて言われても出てこないんです。

また、「自分が好きなこと」ならまだしも、それでビジネスってなってしまうと、途端に思考が止まるんですよ。

 

確かにそれはそういうものなんだけど、それだとそこで止まってしまうんですよ。

 

私もそうですが、大したことないですよ。だいたい知ったかぶりしてブログ書いてるやつなんて、全然ダメ人間ですよ。
偉そうに書いてますけど。
ほんとお恥ずかしい…

でもね、

 

私が通って来た道を通ってくる人たちがいるんです。
私が通ってきた道の手前で立ち止まってる人がいるんです。

 

なので、恥ずかしいけど、わかったような顔して書いてるんです。

恥ずかしいんですよ、ちょっとだけだけど。
ほんのちょっとだけどww

 

なので、あなたも、(もっと下の方をを見て)自分の得意なこと・好きなことを考えて、その周辺にビジネスがないか考えたらいいですよ。

 

よく話すんですけど、ゴルフな好きな人がプロゴルファーにならなくったって、その周辺にたくさんのビジネスがありますよね。
サッカーだってそうだし、テニスだって。

以下、よく知らないから適当なことを言いますが、

用具やウェア、シューズの販売もゴルフやテニスの周辺にあるビジネスですよね。
コーチの派遣とかないのかな…スクール行くのも面倒だし。
旅行に行って教えてくれたりするといいかもしれないけど。だいたい、ゴルフにしてもテニスにしても下手だからやりたくないんだよ。
とくにゴルフは。後ろからプレッシャーかけられるし、誘われてるから付き合ってやってるだけなのに邪魔者扱いされるし。
言ったよね、下手だって!!
(おっと、感情的になってしまった…)

サッカーは海外行くついでに観戦したいんだけど事前にチケット購入ってどうなんだろう?
パリからだとチームによってはブンデスも近いし、ベルギーとかオランダにもリーグがあって意外に近いから、ワンストップで試合のスケジュールを教えてくれて、チケットの手配してくれるサービスがあったら、あちこち行って観戦したいんだけど。
観戦の時のいろんなの意味での危険度とか寒さ対策とかも知りたい。オススメのグッズやら。
(ゴルフはちんぷんかんぷんだけど、海外サッカーだとちょっこし頭が回るでしょ、ほんの少しでも知ってると適当なこと書けるんですww)

 

別に、アイデア出しじゃありませんよ。
好きなことの周辺にビジネスってあるんですよって話です。

また、誰よりも好きとか誰よりも詳しいってことでなくても、大丈夫ですよ、

ほんとのビギナーの人たちもたくさんいるし、あなたが考える以上にできない・知らない人がいます。
だから、枠をはめないで、得意なこと、好きなことをリストしてその周辺にビジネスがないか考えてみたらいいです。
ありふれたビジネスで構わない。

自分が初めてなんてビジネスの必要はないし、ニッチのビジネスなら大手が参入してくることもない。

そうやって、なんでもいいからビジネスを始めてみるのがいいです。

 

起業ネタの本当の探し方って、起業することなんじゃないかって思うんですよ。
実際にビジネスを始めると、次のビジネスのアイデアが湧くものです。

 

 

ちなみに私は、ゴルフにもテニスにもサッカーにもまったく興味ありません。

関連記事

  1. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    世界の見本市・展示会情報(J-messe)

    国内外の見本市の情報が入手できるページがあります。JETRO(日本貿…

  2. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    型番商品はどこで買う?

    Amazonってすごいです、最初は本屋だったんですが、いつの間にか何で…

  3. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    ヤフーオークション

    だいたい、何で起業したらいいかわからない、何を売ったらいいかわからない…

  4. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    誰もやっていないビジネス

    「誰もやっていないビジネス」のパターンには幾つかあります。・実は誰…

  5. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    起業ネタは歩いてこない

    サラリーマンにとっての起業の第一関門は起業ネタとの出会いですよね。…

  6. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    好きなことで起業できるなら

    好きなことで起業できるならいいでしょうね。趣味を突き詰めていったらそ…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    他人の意見に耳を貸さない
  2. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    土曜日曜は休みではない
  3. 起業準備

    失敗しない起業準備

    事業計画書は要らない
  4. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    簡単には稼げない
  5. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    ルールは何度でも変更できる
PAGE TOP