起業のアイデア

起業のアイデア

誰もやっていないビジネス

「誰もやっていないビジネス」のパターンには幾つかあります。

・実は誰かやっている
・実は誰かやっていた
・誰も欲しがらない(必要としない)ので存在しない

・誰も気づいていない
・技術の革新でできるようになった
・制度の新設で生まれた

他のパターンもあるかもしれませんが、まあ、ネガティヴなものとポジティヴなものを3つずつ並べたので、こんなもんで勘弁してください。

で、当然のこと、ビジネスを思いついた時に、前3つではないことの確認は必要です。
「わかってるけどやる」ならともかく、実はやってる人はいるのに誰も儲かっていないことを知らずにわざわざ参入することはありませんよね。

過去に誰かやってたかどうかは調べようがないかもしれません。
また、「誰も欲しがらない」から存在しないのか「誰も気づいてない」から存在しないのかもわかりません。
前者は、わかっていればわかるというようなものですが、それが間違っていないとは限りません。

私の知人も、最初は業界の人に笑われたビジネスのアイデアでしたが、確実に成長し、ほぼ全国に展開し、海外にも進出しました。

ビジネスは、「やってみないとわからない」ものです。
特に新しいビジネスについては、なおさらです。
いろんな人が、それはダメだとわけ知り風に言うものです。

前の会社にいた時に、ビジネスのアイデアを話していたら、「そのビジネスではせいぜい年間で1,000万の売り上げにしかならない」というのが担当部長の意見でした。他の幹部も同意見でした。
しかし、私が一人になって始めたのはそのビジネスだったんです。
私が一人でやって、「単月で」1,000万の売り上げを超えるのに半年くらいのものでした。
業界の中にいて分からないことは多いものです。

また、昨年、私がやってるビジネスについて、ある席で「こういうビジネスがありますよ」と話していたら、なんとかコンサルって人に横から「そのビジネスは難しい」と口を挟まれました。
「そうなんですかね…」って返しましたが、もう、4年やっていて今のところ順調みたいですが…(笑)

 

しかし、一方で、アイデアを思いつくと、それに囚われてしまいがちなのも事実です。
とても良い考えが閃いたように思ってしまいます。
誰も思いつかなかったビジネスの隙間なんじゃないかと。

確かに、「やってみないとわからない」のは事実です。
ダメだったビジネスも、ビジネスモデルの欠陥ではなく運営上の問題のためだったかもしれません。

しかし、冷静になって、できる検証をすることも必要です。

関連記事

  1. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    不動産投資なら

    もっとも堅実なビジネスは何でしょうか…?私は不動産投資=家賃収…

  2. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    唯一無二なんてことはないです

    自分の商品やサービスが必要とされているという確信が持てたなら、次に考え…

  3. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    企業商品情報検索(東京都中小企業振興公社)

    サラリーマンの頃って、世の中にどんな起業ネタがあるかなんて、思いもつき…

  4. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    必要なものと欲しいもの

    よく言われることですが、人は「必要なものにお金を出したがらない」「欲し…

  5. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    他人の意見に耳を貸さない

    もう、20年ばかり前になると思いますが、会社から言われて異業種交流会み…

  6. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    世界の見本市・展示会情報(J-messe)

    国内外の見本市の情報が入手できるページがあります。JETRO(日本貿…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. 起業準備

    失敗しない起業準備

    やってみないとわからない(再び)
  2. 起業のスキル

    失敗しない起業のスキル

    ネットリテラシーの基本
  3. 起業準備

    失敗しない起業準備

    事業計画書は要らない
  4. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    受け身ですよね
  5. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    起業は逃げ場所ではない
PAGE TOP