元サラリーマンの余談

元サラリーマンの余談

自分の限界

子どもの頃、従兄がなぜかめちゃくちゃハードなアルバイトをやっていました。
遊びたくて泊まりに行っていましたが、早朝に出かけ帰ってくるの深夜で会うのさえままなりません。
ある晩、夜中に帰ってきて私に、「限界ってのは自分で決めるんやな。自分でもうあかん、無理やと思ったところが限界なんや」と話しました。
「毎日、もうあかんと思うけど、結構できるもんや、生きてるもんな」と。
確かに、自分の限界を本当の意味で超えてしまえば、生きていない確率が高いわけですから、誰も本当の意味での「限界」は知らないのでしょう。

多分、私が小学校の高学年だったと思います。
心から納得し、以来、「限界って自分で決めるもの」だと思って過ごしてきました。

 

ちなみに、私の限界は、結構手前です(笑)

結構手前にあるその「限界」にぶち当たって、自分の弱さを思い知らされてきました。

 

しかし、この年齢になって、体力の限界に限らず、いろんなことに「自分の限界」を設定してきたんだなあと思います。

渦中にいるときは、何の疑いもなく諦めていたことが、今になって、「何であそこで欲を出さなかったんだろう」「何でやらなかったんだろう」「何でできないと思ったんだろう」と思われます。

自分の人生に不満があるわけではありませんが、もう少し「できた」のではないかと思うんです。

 

人生の終わりが近づく中で多くの人が、「もっとチャレンジしたかった」と話すということを聞いたことがあります。

 

昨晩、旧い友人としばらくぶりに会いました。
彼は波乱万丈な人生を送ってきた人です。そして、今、収まるべきところに収まっているように見えます。

その彼が、もっとやりたいことがあったと話していました。
「自分に枠をはめていた」と。

まさか(笑)

まあ、本人が言うからそうなんでしょうが、私には、十分に波乱万丈で十分にその対価も得たように見えるんです。

 

彼がそう思うのだとしたら、ほとんどの人が「もっとチャレンジすべきだった」思うのも当然でしょう。

それは、「もっとチャレンジしたかった」というのは、とても健全な心持ちなんですね。

 

確かに、「もう十分」なんて人生は、つまんないですね。

関連記事

  1. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    会社のことを愚痴ってしまう

    「うちの会社はさあ…」って、会社のこと愚痴っていませんか?私も…

  2. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    微妙に噛み合わない

    なんというか、微妙に噛み合わない感じって辛いです。「はい」「わか…

  3. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    ダイレクトメール

    ダイレクトメールって、どうして届くんですかね…?効果があるんですね…

  4. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    しかし、私は今とても幸せです

    起業支援をやっているある役所の方とお会いした時に、「私は追い込まれ起業…

  5. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    熱中できること

    コンサルタントと会って、いま、帰ってきました。私もよく知ってる…

  6. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    新年会の後に仕事

    このところ新年会続きです。生活が乱れてる…昨日は大学の友人たち…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    熱中できること
  2. 起業のスキル

    失敗しない起業のスキル

    アフィリエイトで学ぶ「売る」技術
  3. 起業準備

    失敗しない起業準備

    20日
  4. 起業のスキル

    失敗しない起業のスキル

    資格はいらない
  5. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    起業は逃げ場所ではない
PAGE TOP