元サラリーマンの余談

元サラリーマンの余談

自分の限界

子どもの頃、従兄がなぜかめちゃくちゃハードなアルバイトをやっていました。
遊びたくて泊まりに行っていましたが、早朝に出かけ帰ってくるの深夜で会うのさえままなりません。
ある晩、夜中に帰ってきて私に、「限界ってのは自分で決めるんやな。自分でもうあかん、無理やと思ったところが限界なんや」と話しました。
「毎日、もうあかんと思うけど、結構できるもんや、生きてるもんな」と。
確かに、自分の限界を本当の意味で超えてしまえば、生きていない確率が高いわけですから、誰も本当の意味での「限界」は知らないのでしょう。

多分、私が小学校の高学年だったと思います。
心から納得し、以来、「限界って自分で決めるもの」だと思って過ごしてきました。

 

ちなみに、私の限界は、結構手前です(笑)

結構手前にあるその「限界」にぶち当たって、自分の弱さを思い知らされてきました。

 

しかし、この年齢になって、体力の限界に限らず、いろんなことに「自分の限界」を設定してきたんだなあと思います。

渦中にいるときは、何の疑いもなく諦めていたことが、今になって、「何であそこで欲を出さなかったんだろう」「何でやらなかったんだろう」「何でできないと思ったんだろう」と思われます。

自分の人生に不満があるわけではありませんが、もう少し「できた」のではないかと思うんです。

 

人生の終わりが近づく中で多くの人が、「もっとチャレンジしたかった」と話すということを聞いたことがあります。

 

昨晩、旧い友人としばらくぶりに会いました。
彼は波乱万丈な人生を送ってきた人です。そして、今、収まるべきところに収まっているように見えます。

その彼が、もっとやりたいことがあったと話していました。
「自分に枠をはめていた」と。

まさか(笑)

まあ、本人が言うからそうなんでしょうが、私には、十分に波乱万丈で十分にその対価も得たように見えるんです。

 

彼がそう思うのだとしたら、ほとんどの人が「もっとチャレンジすべきだった」思うのも当然でしょう。

それは、「もっとチャレンジしたかった」というのは、とても健全な心持ちなんですね。

 

確かに、「もう十分」なんて人生は、つまんないですね。

関連記事

  1. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    お酒は飲まない

    起業して、サラリーマン時代とは異なり、起業している人たちと付き合いをす…

  2. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    iPhoneの修理屋

    今日、iPhoneの電池を交換してもらうのに、駅の近くのiPhone修…

  3. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    天丼屋

    今日のお昼は天丼にします。お昼だけやってる天丼屋が神保町にあります…

  4. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    受け身ですよね

    サラリーマンは、基本「受け身」ですよね。「そんなことはない!」と言…

  5. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    熱中できること

    コンサルタントと会って、いま、帰ってきました。私もよく知ってる…

  6. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    クリスマスが大好き

    大人なんですけど、相変わらず、クリスマスが大好きです。子どもの…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    簡単には稼げない
  2. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    天丼屋(再)
  3. 出張情報

    出張

    ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  4. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    企業商品情報検索(東京都中小企業振興公社)
  5. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    起業ネタ探し
PAGE TOP