50代のスモールビジネス起業

50代のためのスモールビジネス起業講座

机上の空論

起業前の事業計画なんて机上の空論です。
そりゃそうです。実績がないんだから想像するしかありません。

例えば、10席のカフェをやるとする。

カフェでなくていいのですが、想像しやすいでしょ。

それに、相応の初期投資がかかるところも、他のビジネシを考えるときにおあなじように考えることができると思うので。
カフェの営業時間は朝9時から夜9時まで12時間。
これは自分で決めることです。

で、これだけ決めると、大体の出費は見当がつくようになります。
家賃、人件費、光熱費。
内装費や看板、敷金礼金、不動産の仲介手数料なんかも大体分かります。
仕入れする食材や飲料も想定できないことはありませんが、これは客数によって増減がありますから、ざっくりでいいのではないでしょうか。お客がいなければ最低限しかいらないものですし。

このように、出費は見当がつきます。

しかし、入ってくる方(売上)は見当がつきません。
カフェを例に話していますが、このことは基本的にあらゆるビジネスに共通です。
売上は実績がない以上0から無限大までの間で、説明がつく数字ということになります。

というわけで、仮の数字を置きます。

12時間やるわけですから、1時間に席が半分埋まるとして72人。
まあ、それを8掛けして57人。
いやいや、リスクを見込んで6掛けしておいた方がいいかもしれません。
だとすると、43人。
客単価が500円として21,500円の売上。
日曜祝日だけ休むとすると、月平均で25日の営業日になるはずです。
そうすると、537,500円/月の売り上げ。

一日12時間の営業で売上が21,500円ではアルバイトを終日雇うのは無理そうです。
それ以前に、家賃を払って食材の仕入れを払い、光熱費を払ってると、内装費を消却するだけの利益は出てくるでしょうか…

この仮の売上で全体が成立しないと判明した時に、さて、どうしましょう?

客数の見込みを上げますか?
客単価を上げてしまいますか?
席数を増やしますか…?

 

こうして、事業計画という名の数字合わせゲームが始まります。
そもそも売上は仮の数字でしかありません。

何の意味もないです。

売上の見込みに何の根拠もありません。

周辺のカフェの様子を見てもアテになりません。
あなたの店が、その店より繁盛したり同じようにお客を呼べるという根拠はないです。

もちろん、上振れすることがあるかもしれませんが、それは開業後に対応を考えればいいことです。

 

お客は仮に置いた数字の半分かもしれません。
いや、その半分かもしれません。
今、そのまた半分かもしれないです。

 

いや、限りなくゼロに近いかも…

 

支出は明確なのに、売上は全く見込むことができません。

 

お客が全く来てくれない時に、どういうプランを持っていますか?
最低限の売上を上げるために何かできることがありますか?

 

スモールビジネスというのは、自分の以外の人件費を見込まなくてよい、最初に内装費のような大きな投資を必要としない、運営に大きな費用を必要としないビジネスのことです。

 

ビジネスの基本は、ローリスクローリターンです。
普通のカフェをやっても抜きんでることはできませんから、集客も抜きんでることはありません。
「あの、新しい店に行ってみたい」と思われるようなカフェはコストがかかります。

 

50代のサラリーマンが起業するのであれば、全てを自分で背負ってもなんとかなるようなスモールビジネスがいいと思うんです。

小さく初めて大きく育つってことだってあるわけですから。

関連記事

  1. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    本サイト「サラリーマンのための起業講座」では、起業にあまり前のめりにな…

  2. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代のためのスモールビジネスの起業ネタ

    「何をやればいいかわからない」というのは、多くのサラリーマンが起業する…

  3. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    社会起業家に俺はなる!

    友人が起業することになりました。これまで長いこと雇われ社長をや…

  4. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    生涯現役起業支援助成金(厚生労働省)

    起業に際して使える助成金というものがあります。今回は厚労省の生涯現…

  5. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    好きなことと言われても…

    50代のサラリーマンで、これから起業しようと考えているような人は、基本…

  6. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代で始めた中国からの輸入

    輸入のビジネスには、多かれ少なかれリスクはあるものです。私は、未だ…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    経験が邪魔をする…
  2. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    サラリーマンが起業を考える時
  3. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    仕事始め2017
  4. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    スモールビジネスという選択
  5. 起業準備

    失敗しない起業準備

    資金繰り
PAGE TOP