元サラリーマンの余談

元サラリーマンの余談

最後の晩餐

少し前の話ですが、仕事仲間AさんとBくん私の3人で、「最後の晩餐は何がいいか」という話になりました。

Bくんは、少し考えて、「焼肉ですね」と。

これに、Aさんと私は激昂!!

「お前、焼肉って、あの、タレつけて食う焼肉か?」
「焼肉屋で、あの自分で焼くやつか?」
「食ってるうちにしんどくなって、焦げてしまって、あーあってなる、あの焼肉か?」
「ステーキじゃなくて焼肉か?」
「あれは、タレを食べてるみたいなもんやぞ、大丈夫か?」
「タレか? お前が食べたいのはタレか?」
「じゃあ、タレなしの焼肉でいいんか?」
「タレやろ、お前が好きなんはタレやろ」
「焼肉のタレ買って帰れ!」

「お前、大丈夫か?」
「日頃、何食ってんだ?」
「最後に食べたいの、焼肉って、想像力ゼロか?」
「5歳児か?」
「もう、お前と食事に行かん」
「お前は、一人で焼肉屋行っとれ!」
「お前とは、遊んでやらん」
「ご両親に今日のこと、ちゃんと話して叱ってもらえ」
「もう、帰れ!」

Bくんが罵倒の嵐の中で、ようやく一言…

「じゃあ、何ならいいんですか…?」

「ご飯だろ」
「炊きたての白ご飯っ!」
「おにぎりはゆるす」
「お茶漬けも、まあ、いい」
「いや、白いご飯にお漬物か梅干しにするか」
「海苔はどうしたものか…」

「お前、焼肉だけでいいんか?」
「肉とタレと白ご飯なんじゃないのか?」
「それって、結局、白いご飯をいかに美味しく食べるかってことじゃないのか」
「お前、本当に肉か」
「最初から最後まで、タレまみれの肉でいいんか」
「もう、死ぬって時にダイエットか」
「炭水化物、食え!」

「米食え!」

まあ、いいんですが…

 

お米のように誰にでも合わせられて、常に誰かを支えているようで、しかし実は、自分が食事の全てを統べている。
また、おせんべい、おかきやあられ、安倍川や磯辺餅、おしるこなど形を変えておやつの時間にもそっと人々に寄り添っている。
お正月には、鏡餅としてあるいはお雑煮として晴れ舞台の主役を張ることも厭わない。

そういう人に私はなりたい。

関連記事

  1. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    会社のことを愚痴ってしまう

    「うちの会社はさあ…」って、会社のこと愚痴っていませんか?私も…

  2. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    熱中できること

    コンサルタントと会って、いま、帰ってきました。私もよく知ってる…

  3. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    受け身ですよね

    サラリーマンは、基本「受け身」ですよね。「そんなことはない!」と言…

  4. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    プロ野球とか

    仕事となんの関係もないです。なぜ、「なんの関係」→「南野関係」と変…

  5. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    iPhoneの修理屋

    今日、iPhoneの電池を交換してもらうのに、駅の近くのiPhone修…

  6. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    ダイレクトメール

    ダイレクトメールって、どうして届くんですかね…?効果があるんですね…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし
  2. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    会社の作り方講座
  3. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    ルールは何度でも変更できる
  4. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    生涯現役起業支援助成金(厚生労働省)
  5. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    とにかく売ることを考える
PAGE TOP