起業準備

失敗しない起業準備

住所と仕事場

サラリーマンから起業人(企業人ではないです)になる時、少し考えてしまうのが、住所と仕事場をどうするかということではないでしょうか。

会社をつくる場合には登記する住所が必要になりますし、そうでなくても、特定商取引法で表示が必要な場合があります。

私は、荷物置き場にしていた部屋があったので、そこを会社の登記の本店住所に使いました。

仕事場としても使っていましたが、資料や荷物が増えてきて落ち着かないし、毎日同じところでは飽きるので、今はほかにも仕事場を借りています。

住所を自宅と分ける必要はないという人がいます。
私も、もし、他に部屋がなければ、自宅で登記したと思います。
しかし、自宅住所を登記で使いたくないという場合や、そもそも賃貸で事務所の利用ができない場合には、住所が必要になりますね。

仕事場は必須ではありませんが、住所は必須です。

今は、貸し住所とかシェアオフィスがあり、簡単にしかも安く借りることができます。
また、レンタルオフィスという間仕切りされた部屋を借りることも可能です。共用部分があって、間仕切りされた部屋は机と椅子だけというような状況なので、格安です。
(貸し住所は実態としては、多くの事業者が使っていますが、登記の上で問題があるのかないのか、特定商取引上の問題はないのかは、ご自身で確認してください)

住所は必須ですが、仕事場は必須というわけではありません。
私は、半分くらいは自宅で仕事していると思います。
家で仕事するのは、全く苦になりませんが、家族もいますし、いろいろ気が散るので意外にはかどりません。
カフェで仕事するのも苦になりませんが、最近はカフェでPCを広げて仕事するのは気が引けます。

それで、私は、朝はサラリーマンのように出かけて、シェアオフィスを使うことが多いです。
仕事するしかすることがないので、はかどります。
お昼に出かけるのも楽しみですし。

会社ごとに契約していることもあり、複数か所をその日のスケジュールや気分によって使い分けています。
いつもは神保町ですが、買い物がある日は日本橋、仕事仲間と会う時は品川など。
複数あるのは便利ですし、場所によって設備も異なるので分けてますが、無駄って気がしないこともないです…(笑)

ただ、ビジネスによっては、こういう仕事の仕方は適さないかもしれません。
私も、パートナーと一緒にやっている会社は、皆、決まった時間に出勤して仕事しています。私は打ち合わせするだけなので、あまり会社には行きませんが、パートナーが誰よりも早く出て仕事してくれています。
私が今の生活を守りたいので、こういう役割分担になっているわけですが。

仕事の仕方はいろいろです。
私は、何年かかかって、今のスタイルが確立しました。
体調を崩して寝込んだり、長い出張に出かけて帰ってきたり、正月やGWに休んでしまったりすると、たちまち生活と仕事のリズムが乱れ、仕事場に出るのが面倒になります。

そういうことを繰り返し、今は仕事と生活のパターンが崩れない(=仕事量を維持できる)ように気をつけています。

関連記事

  1. 起業準備

    失敗しない起業準備

    施策マップ(ミラサポ)

    ミラサポに施策マップというものがあります。中小企業が使える施策を、…

  2. 起業準備

    失敗しない起業準備

    とんでもないサラリーマン

    もう何年か前のことになりますが、仲のよい仕事仲間からの紹介で、起業の準…

  3. 起業準備

    失敗しない起業準備

    事業計画書は要らない

    事業計画書は要りません。資金調達をするのであれば必要かもしれません…

  4. 起業準備

    失敗しない起業準備

    記事を書き始めて1ヶ月が過ぎて

    この「サラリーマンのための起業講座」の記事を書き始めて1ヶ月が過ぎまし…

  5. 起業準備

    失敗しない起業準備

    サラリーマンの間にできること

    先日、友人(というか後輩)に「退職して起業したい」と相談されました。…

  6. 起業準備

    失敗しない起業準備

    起業前にやること

    起業前にクレジットカードを作っておいたほうがいいというアドバイスを聞い…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    起業の成功法則
  2. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    福岡県事業引継ぎ支援センター
  3. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    自分が欲しいものを売るわけではない
  4. 起業準備

    失敗しない起業準備

    PHYTTERで03の電話番号を獲得する
  5. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代で始めた中国からの輸入
PAGE TOP