50代のスモールビジネス起業

50代のためのスモールビジネス起業講座

スモールビジネスとは

スモールビジネスという概念には、様々なものがあるようですが、このサイトでは以下の”全て”に該当するビジネスをスモールビジネスと呼んでいます。

 

1) 初期投資が少額
2) 運営コストが少額
3) 人を雇う必要がない
4) 代表者一人もしくはその家族が生活できる程度の利益を出すことが可能
5) 代表者が全てをコントロールできる

 

それぞれについて解説します。

 

1) 初期投資が少額

これから以下の項目にも共通しますが、「少額」というのは人それぞれです。いくらを少額というのに具体的な額を定義するのは難しいのですが、ビジネスのために使う額として失っても「仕方ない」と思える額です。
ここでイメージしているのは、初期投資として1,000万円かかると言われる飲食店や美容室はスモールビジネスの対象外です。
もちろん、初期投資を抑えることができるのであれば、もしくはその程度の額は問題ないということであれば、スモールビジネスとして検討することは可能です。

 

2) 運営コストが少額

運営コストの大小は、絶対額で考えるものではないでしょうが、50代のサラリーマンが起業すると考えた時にビジネスを続けるためにかかるコストとして許容できる額です。
最初は無しで済ませておいて少し余裕が出てきたら取り入れるとか、いざとなれば解約するとか、調整のできるものもありますし、ずっと必要なものもあります。

 

3) 人を雇う必要がない

人を雇うと、経済的な負担だけではなく社会保険の手続きや場合によっては法律問題が発生します。
また、採用のときは経営者側の意思で決められますが、辞めるときは従業員の意思だけです。順調にいっているように見えてもわからないのが従業員との関係です。急に辞められて困ると言っても、従業員にも自分の人生があります。
ですから、私はできれば雇用の必要のないビジネスがよいと思いますし、例え雇用する場合でも、いざとなったら自分(と家族)でなんとかなるというビジネスがよいと思います。

 

4) 代表者一人もしくはその家族が生活できる程度の利益を出すことが可能

当たり前のことのようですが、二つの面があります。
一つは、文字通り、ちゃんと利益を出すことが見込めるビジネスを選ぶということ。でも、当たり前のことすぎますね。
もう一つは、まずその規模でよい、その程度の利益をきちんと出せるビジネスでいいじゃないかということです。あまり欲張らずに。

 

5) 代表者が全てをコントロールできる

開業資金の出し手が誰かということも関係しますが、この場合には、代表者=株主ということです。
会社の意思決定の全てを自ら行うことができる(株主の了解を得ないと事業が前に進まないということがない)という意味です。
また、いざとなれば、株主=代表者=従業員で全てビジネスが回せるという意味ですし、うまくいかない時に、あなたが自分で撤退することを決められるという意味でもあります。
その規模のビジネスでありそういう仕組みのビジネスをスモールビジネスと呼ぶということです。

関連記事

  1. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    好きなことと言われても…

    50代のサラリーマンで、これから起業しようと考えているような人は、基本…

  2. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代にとっての不動産投資

    不動産投資=家賃収入=大家というビジネスについては、昨日、記事を書きま…

  3. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    コンサルタントになりたい

    面白いですねー、コンサルタントになりたい人というのが、世の中にたくさん…

  4. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    魅力的な商品を売るのか魅力的な人が売るのか?

    起業して、こういう事業をやろう、ああいうビジネスがいいんじゃないかと考…

  5. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    スモールビジネスの起業ネタ探し

    起業したいけど何をやればいいのかわからないという話は冗談みたいですが…

  6. 50代のスモールビジネス起業

    50代のためのスモールビジネス起業講座

    50代のサラリーマンのための起業講座

    私は50歳より少し前に起業しました。望んだ起業ではありませんでしたが…

最近の記事

  1. 野球場は好き
  2. 社会起業家に俺はなる!
  3. 50代のサラリーマンが起業する難しさ
  4. 資金繰り
  5. 仕事で使うPCを選ぶ
  6. リーガロイヤルホテル広島
  7. 50代で起業するとなると
  8. ルールは何度でも変更できる
  9. ANAクラウンプラザホテル神戸(IHG)
  10. WordPressのセキュリティ対策(トータル)
  1. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    土曜日曜は休みではない
  2. 起業のアイデア

    起業のアイデア

    起業ネタは歩いてこない
  3. 元サラリーマンの余談

    元サラリーマンの余談

    お酒は飲まない
  4. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    会社の作り方講座
  5. サラリーマンが起業を考える時

    サラリーマンが起業を考えるとき

    好きな時間に起きて好きな時間に
PAGE TOP